ネズミ対策にイタチ4500頭放つ → 絶滅の可能性が最も高い「絶滅危惧1A類」のミヤコカナヘビ食われる → イタチ駆除強化へ

ネズミ対策にイタチ4500頭放つ → 絶滅の可能性が最も高い「絶滅危惧1A類」のミヤコカナヘビ食われる → イタチ駆除強化へ


1:水星虫 ★
2017/09/24(日) 09:35:02.04ID:CAP_USER9.net



ミヤコカナヘビの保護対策強化へ

宮古島と周辺の離島に生息し、絶滅のおそれが高いとされるミヤコカナヘビが、
農業被害を減らすため人によって持ち込まれたニホンイタチに食べられる被害が確認され、
県は駆除などの対策を強化することにしています。

以下、全文を読む
http://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/20170923/5090000325.html



2:名無しさん@1周年
2017/09/24(日) 09:35:50.34ID:uNHIvTBf0.net

俺らってほんま身勝手だよなぁ


415:名無しさん@1周年
2017/09/24(日) 10:49:03.54ID:4qH+UPt60.net

>>2
身勝手かつ愚かという感じだね。


3:名無しさん@1周年
2017/09/24(日) 09:35:52.15ID:lln4Aj/B0.net

イタチごっこだな


817:名無しさん@1周年
2017/09/24(日) 12:31:42.24ID:rOjPFXaw0.net

>>3
これ


535:名無しさん@1周年
2017/09/24(日) 11:17:12.63ID:dWjX5l2a0.net

>>3
>いたちごっこは、江戸時代後期に流行った子供の遊び。

>二人一組となり、「いたちごっこ」「ねずみごっこ」と言いながら相手の手の甲を順につねっていく。
>両手が塞がったら一番下にある手を上に持っていき、また相手の手の甲をつねるという
>終わりの無い遊びなので、転じて「埒があかず、きりがない」ことも指すようになった。
>現在では双方が同じことを繰り返して物事の決着がつかないこと=堂々巡りの状態をいう。

江戸時代の子供は何が面白かったんだろうな。


8:名無しさん@1周年
2017/09/24(日) 09:37:07.26ID:CkJPyHLe0.net

人間の都合に翻弄されるイタチ可哀想

続きを読む

フォローする