【衝撃画像】VR、ついに超えちゃいけないラインを超えてしまうwwwwwww

【衝撃画像】VR、ついに超えちゃいけないラインを超えてしまうwwwwwww
GearVR01

1:NG NG.net
女子高生に扮し「痴漢」をリアル体験 異色VR登場、開発者のねらいは…

痴漢被害をVR(仮想現実)でリアルに体験できる異色のコンテンツを、国内のITベンチャー
「VR IMAGINATORS」のメンバーらが開発した。男女問わず誰もが「痴漢をされる側」の気持ちを
体験することで、痴漢という犯罪に関する理解を深める狙いがあるという。

痴漢被害に遭う女性や加害者の男性などの役柄を、モーションキャプチャー技術を利用した
リアルなVR世界で体験できるコンテンツだ。開発リーダーの金春根(きむ・はるね)さんは取材に、
「異性との相互理解や犯罪抑止にも使用できるツールになった」と話す。

「痴漢VR」を体験する女性(金春根さん提供)

指の動きまでリアルにVRに反映される(同)

■体験者「体を触られる嫌悪感や不快感は新感覚」

通称「痴漢VR」と呼ばれるこのコンテンツの正式名称は「事件再現VTRメーカー」。金さんが代表を務める 「VR IMAGINATORS」の開発メンバーを含む「夜のくまさん」チームが、2017年7月9日に都内で行われた

VR関連の「ハッカソン」(複数のエンジニアが集まって、特定の期間内にコンテンツを開発するイベントのこと。
ハックとマラソンを合わせた造語)で開発したものだ。

利用者が体験できるのは「痴漢被害に遭う女子高生」、「痴漢をするひげ面の男性」、「痴漢行為の目撃者」の 三役。いずれの役でも、360度の視界を映像で再現する専用ゴーグルを身に着け、電車内の様子を再現した VR世界に没入する。

痴漢役は体の動きを映像に反映するモーションキャプチャーデバイスを装着。現実世界で被害者役(主に男性)の 尻や胸を触ると、手の動きにVR映像が連動し、本当に女子高生を痴漢しているように感じられる。

一方、被害者役はVR映像の中では女子高生に扮しているが、男性であってもリアルな痴漢被害を体験できる。 目撃者役は、痴漢行為を「止めに入る」体験ができるという。また、体験したVR映像は録画され、360度様々な 方向からチェックすることが可能だ。

この「痴漢VR」を開発した金さんは19日のJ-CASTニュースの取材に対し、イベントで実際にコンテンツを体験した
男性の多くは、

「痴漢に体を触られる嫌悪感や不快感は新感覚だった」

と驚いていたと話す。

https://www.j-cast.com/2017/07/20303792.html?p=all

8:2017/07/23(日) 19:00:05.01 ID:/WrKzt9K0.net
VRエロゲかよ
21:2017/07/23(日) 19:08:30.68 ID:e+lcHUD70.net
嫌悪感や不快感は新感覚だった、なんかこいつ目覚めそうだな
10:2017/07/23(日) 19:02:08.00 ID:x+f/rL+h0.net
痴漢役でも痴漢被害役でもどちらでも興奮できそうだが
本当に痴漢被害撲滅のために作っているのかね

フォローする